スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2012/07/09/Mon 01:39:32
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

空に向かって2

可南子はモデル事務所と仮契約を結んだ。
もちろん契約金など無かったが、経費などが請求されることもなかった。
その代わり週に一度以上、研修を受ける事が条件だった。
そして今、可南子はスポーツクラブに来ていた。
初め、研修と聞いた時はウォーキングの練習でもするのかなと想像していたが、指定された服装は
汗をかいてもよい運動しやすいものとのことであった。
それではランニングやウェイトトレーニングでもするのだろうか?
それなら部活でも日常的に取り入れているのでお手の物だと思っていたら手渡されたメニュープログラムは、
ジャズダンスとヨガを中心にしたものだった。
少し気が抜けたように感じたが、実際にやってみるとこれが地味にキツかった。
「どう?バスケットは全身運動だけれど、それでも使っていない筋肉があるってわかった?」
(スタイルのいい祐巳さま、略してスタ祐巳さん)はそう言って微笑んだ。
あとからわかったことだが、彼女はスカウトが専門ではなく後進を育てるトレーナー役がメインだった。
「でも勘違いしないでね。私は貴女をスポーツ選手として鍛えているんじゃない。あくまで均整のとれた美しい肉体が目標なの」
彼女自身Tシャツにスパッツという姿に着替えると、目指している完成形がそこにあって彼女の言葉がよく理解できた。なんというか、カッコいいのだ。
力強さはないがしなやかで、細いのに女性らしい柔らかさがある。
食事についてもいろいろ指導を受けた。驚いたのは一定以上の割合で脂肪分も摂るように言われた事だった。
「私、サラダしか食べちゃダメなのかと思ってた」
「ダイエットしているんじゃないんだから。仮にそうだとしてもそんなやり方は禁止します」
あくまでバランスのとれた食事が基本だという。
「ああ、一流のモデルになるとレセプションにも出席しなきゃならない事があって。で、そこで出された料理を食べちゃうと自分で管理できないと思ったらそういう行動にでるかも。でも自宅に帰ったら結構ガッツリ食べるものよ」
「ハンバーガーとかは食べちゃダメなんでしょ?」
「どうして?ジャンクフードだって呼ばれているから?」
バンズに肉のパティで炭水化物、たんぱく質、脂肪分がとれ、申し訳程度だけれど野菜もついている・・実はバランスとしてはそんなに悪くない。だからアメリカ人で三食そればかり食べる人がいて健康を害して問題になった。
日本だとコンビニの幕の内弁当に近いイメージかもしれない。
「たまに食べる分には全く問題ないから」むしろ注意すべきは糖分の摂りすぎだという。
可南子は薔薇の舘で過ごした日々を思い出した。あそこでは何かというと紅茶やコーヒーが出てくる。
砂糖の消費量も半端ではなかった。可南子も途中からブラック派に転向したほどだった。
(瞳子さんには今日学んだ事を伝えよう)
「それとね、体重はあくまで目安であって数字にこだわっちゃダメよ」
ダイエットとリバウンドを繰り返すと体重は少なくても、みすぼらしい体になるという。
自らの体の見た目を商品にする以上、自己満足ではない客観的な視点が必要なのだと。
(ああ、それって体だけじゃないな)
リリアンに入学して、リアル祐巳さまや他の人達とかかわって自分はたしかに成長した。
そして、その転機になったのは火星にいる憧れの祐巳さまに見られても恥ずかしくない自分になろうと決意した時だったのだから。
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://durianbase.blog99.fc2.com/tb.php/43-cea53503

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。