スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2013/06/15/Sat 22:24:11
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

紅薔薇の系譜

瞳子は蓉子さまが苦手だった。
自分だけニックネームをつけてくれなかったーなどという子どもじみた理由からではない。
瞳子にとって、お姉さまというと小さい頃から祥子お姉さまのことであり、他は考えられない、絶対的な存在であった。
そのお姉さまが蓉子さまの前では借りてきた猫のようになってしまう。
(清子おばさまにだって、対等にお話なされる方なのにい)
それに瞳子の今のお姉さま、祐巳お姉さまだって蓉子さまが来られると、こちらはまるでマタタビに酔った猫のようにふにゃふにゃになってしまう。
……正直、面白くなかった。
それに―これは瞳子自身、あまり認めたくなかったのだが―蓉子さまは実は瞳子の理想形だった。
ぼんやりと将来はこういう女性になりたいなあと思い描いていた姿が、いきなり目の前に現実の肉体を持って降臨されたのだ。
いったいどう反応すれば良いかわからなかった。
祥子お姉さまを敬愛する気持ちも、祐巳お姉さまを慕う気持ちもどちらも本物だけれど、
蓉子さまに対してはいろんな気持ちが複雑に入り交じって何が本物の気持ちかわからなくなってしまう。
だから―瞳子は、蓉子さまだけは演ずる事ができない―誰にも話した事はないけれど、瞳子はいろんな人を観察してその人になりきるのを趣味にしていた。
自室でひとりきりの時や、それがかなわない時は脳内だけで。
でも蓉子さまは今の瞳子のキャパを越えていたのだ。

そして蓉子の側でも瞳子に対してはとまどいの気持ちを持っていた。
初めて会うまでは、可愛い曾孫ぐらいしか予想していなかったのだが、実際の少女ははるかに複雑だった。
だいたいリリアンに在籍していながらお嬢様ではない。これは悪い意味ではなくむしろほめ言葉に近い。
祥子や祐巳ちゃんですら甘いなあと感じる瞬間があったからだ。ーそういった面も嫌いではなかったけれど―驚いた事に乃梨子ちゃんや菜々ちゃんもその意味ではお嬢様ではなかった。
まあ、自分も含めて外部入学生(高等部、中等部)にはそう感じさせる面があるのだろうが、
外見も態度もお嬢様そのものの瞳子ちゃんが、それが演技であると感じた時は衝撃だった。
というより、もし彼女が本気でお嬢様を演じていたら自分はそれを見破れなかったのではないか?
誰かに本当の自分を見つけて欲しかったのではないか?
―そして、もし高等部で瞳子ちゃんと同じ時間を過ごしていたら―自分はきっと彼女に干渉していただろう。
その事については変に自信があった。でも実際には、その役目を祐巳ちゃんが務めてくれている。
瞳子ちゃんは薔薇さまにふさわしい―そして、その色が紅になるであろう事が蓉子には誇りに思えた。









恋愛ラボについて

2013年7月よりアニメ化された宮原るり原作のまんが「恋愛ラボ」
舞台が名門女子中学の生徒会ということでマリみてを意識した表現が見られます。
もちろんストーリー、キャラクターともに作者宮原るり独特のテンションで楽しめるのですが
マリみて好きなら、よりその世界観になじめるのではないかと思います。
(このへんは佐々原史緒原作のライトノベル「暴風ガールズファイト」に似ています)
主人公の一人は「藤姫さま」、もう一人は「ワイルドの君」という異名を持っています。
ちなみに体育祭では前者が白組、後者は黄組でした。残りの赤組は副会長達であり百合度の
バリエーションからいって納得できる設定になっています。
特筆すべきは新聞部の存在で、私はこの新聞部の部長のキャラが一番作者自身を投影している
のではないかと考えています。
ギャグのテンポやデッサン力の高い画風が注目される作者ですが基本に確かな文章力を持って
いるので小説までは無理としてもエッセイなどは期待したいところです。

ただ一つ残念なのは、原作の画力が高すぎるのでどうしてもアニメの原画が見劣りしてしまう
ということでしょうか。「けいおん!」とは逆の現象ですね。

この作品が気に入れば同じ作者の「僕らは皆可愛荘」もおすすめです。
ここで紹介するまでもないメジャーな作品かもしれませんが、こちらは「めぞん一刻」風で
楽しめます。笑える下ネタは貴重な存在なのですがアニメでこの面白さを表現するのは難しい
かもしれません。脚本家や監督の力量が試される作品だと言えましょう。



スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://durianbase.blog99.fc2.com/tb.php/136-00b24756

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。